blog.osa.in.net

Gatsby で数式を表示する

2021-03-21

718文字

細々とした数式を書きたいことがそこそこあるので、数式を表示できるようにする。 このブログは Gatsby で出来ているので、Gatsby での数式表示を実現する。

gatsby-remark-katex

gatsby-remark-katex というプラグインがあるのでこれを使う。

KaTeX は HTML と CSS で数式描画を実現していて、MathJax よりも高速に数式を描画してくれるとのこと。

数式を書いてみる

数式じゃないけど、hello world 的なものから。

KaTeX\KaTeX

簡単な数式。

a2+b2=c2(1)\tag{1} a^2 + b^2 = c^2

もちろん、インラインでも a2+b2=c2a^2 + b^2 = c^2 書けます。

もうちょっとだけ複雑な数式。

Fn=15[(1+52)n(152)n](2)\tag{2} F_n = \frac{1}{\sqrt 5} \left [ \left ( \frac{1 + \sqrt 5}{2} \right ) ^n - \left ( \frac{1 - \sqrt 5}{2} \right ) ^n \right ] n=11n2=π26(3)\tag{3} \sum_{n = 1}^{\infty} \frac{1}{n^2} = \frac{\pi^2}{6} eiθ=cosθ+isinθ(4)\tag{4} e^{i\theta} = \cos \theta + i \sin \theta

キレイな数式はテンションが上がりますね。

元の Markdown がどうなっているか見たい方は右下の Revisions からどうぞ。