blog.osa.in.net

Azure AD OIDC を OmniAuth で実現する

2020-09-20

1,357文字

Azure AD を OpenID Connect の OP (OpenID Provider) とした上で、RP (Relying Party) として動く Rails アプリケーションを書く機会があったので、そのときに調べたことを残しておく。

OmniAuth を使う前提で、どの strategy を使うかという話。

結論

omniauth_openid_connect を使った。
https://github.com/m0n9oose/omniauth_openid_connect

omniauth-openid-connect (snake_case と spinal-case の違い)というのもあって紛らわしいが、omniauth-openid-connect の開発が止まって fork されたのが omniauth_openid_connect なので注意。

OpenID Connect Discovery にも対応しているので、下記のような感じでテキトーにパラメータを食わせてやると discovery して動いてくれる。

Rails.application.config.middleware.use OmniAuth::Builder do
  azure_tenant_id = ENV['AZURE_AD_TENANT_ID']
  azure_client_id = ENV['AZURE_AD_CLIENT_ID']
  azure_client_secret = ENV['AZURE_AD_CLIENT_SECRET']
  azure_issuer = "https://login.microsoftonline.com/#{azure_tenant_id}/v2.0"

  provider :openid_connect, {
    discovery: true,
    issuer: azure_issuer,
    client_options: {
      identifier: azure_client_id,
      secret: azure_client_secret,
    },
  }
end

非標準 claim について

2020-09-20 追記

omniauth_openid_connect で非標準 claim を読むためには v0.3.5 以上を使う必要がある。
対象の差分:https://github.com/m0n9oose/omniauth_openid_connect/pull/61/files

たとえば、Azure AD で assign した role が入っている roles を読む場合のサンプルコードは以下のような感じ。

auth_hash = request.env['omniauth.auth']
raw_attributes = auth_hash.extra.raw_info
roles = raw_attributes['roles'] # @return [Array<String>]

auth_hash, extra までは OmniAuth::AuthHash なのでメソッド呼び出しでアクセスできるが、raw_info の返り値は ActiveSupport::HashWithIndifferentAccess になっていてメソッド呼び出し形式では参照できないので注意。

検討した他の選択肢

omniauth-azure-activedirectory

https://github.com/AzureAD/omniauth-azure-activedirectory

Azure AD 公式なのではじめに当たってみた。 最終更新が5年前なのが気になりつつ単に枯れてるだけかもしれないと思って触ってみたが、implicit grant しか対応してなくて終了。

omniauth-azure-oauth2

https://github.com/marknadig/omniauth-azure-oauth2

OIDC は OAuth 2.0 の拡張なので、OIDC 部分を自分で書く前提でベースに使えないか調べてみた。

開発が止まっていて、

  • 近年の Ruby で動かない

    • うろ覚えだけど 2.4 以降とかで動かなかった気がする
  • 依存ライブラリもバージョンが古くて他のライブラリの依存と衝突する

などの問題があり、サクッと解決できないか fork してみたけど、大消耗が発生したので終了。